クラウド導入支援


it-concerge-1920x1080

戦略×クラウドで変化の一歩先を行く
初期投資を抑えられ、撤退が容易なクラウドサービスは、中小企業での活用に適したものです。しかし、類似サービスも多く、自社の経営環境に合ったサービスを選定するのは、容易ではありません。当社はITコーディネータの経営に関する知見と、クラウドサービス導入の実績をベースに、お客様の目指す先を見据えたクラウドサービス導入を支援します。

(参考)サービス導入までの流れ

変革認識フェーズ

変革認識フェーズでは、経営者へのヒアリングや従業員の方々への意識調査、ならびに外部環境調査を行います。
ヒアリングなどを通じて、お客様自身が経営環境ならびにIT環境の変化に気づき、
変革に向けての方向性を判断し、組織内で共有するよう支援します。

経営戦略策定フェーズ

経営戦略策定フェーズでは、前フェーズで共有した変革への思いや危機感をベースに、
企業の目指すべき姿を定め、変革のために必要な経営戦略を決定します。
戦略のうちITに関わる施策を次フェーズで検討します。
ITに関わらない施策を業務戦略と位置づけ、IT戦略と並行して推進しながら、整合性を取ります。

IT戦略策定フェーズ

経営戦略のうちITに関わる部分をIT戦略として、具体的な方針を整理します。
お客様のIT利活用の成熟度に合わせて、無理のない方針を策定します。
IT化によって達成されるあるべき姿を明らかにし、期待する投資対効果を評価するための指標を策定します。

サービス調達フェーズ

IT戦略を達成するための最適なサービスを調達します。
調達にあたってはセキュリティレベル、利用スタイル、技術の将来性など、多角的な視点から選定を行います。
特定のベンダーに偏らない、中立的な立場で調達します。
調達にあたっては試験的なサービス導入など、お客様の理解を深めながら作業をすすめます。

サービス導入フェーズ

調達したサービスの機能レベル・サービスレベルを把握した上で、サービスを業務とつなぎあわせます。
導入にあたってはIT戦略と平行して進んでいる業務戦略との整合性を取りながら、
業務プロセスを達成するためのサービス利用プロセスを策定します。

定着・推進フェーズ

サービスが定着し、利活用が進んでいるか定期的に確認させていただきます。
サービス利用ルールの見直しや、業務見直しに合わせたサービス拡張の検討など、業務改革をサービスを用いて推進するための支援を継続して行います。

費用について

[要望のヒアリング]

  • 初回訪問は無料で行います。
  • お客様との初回訪問の内容から、当社が実施する業務の範囲を検討し、見積もりを出させていただきます。
  • 半日の訪問・ヒアリング費用は20,000円が目安となります。
    支援させていただく期間と訪問回数によって、金額は変動します。

[サービス導入と活用プランの提案]

  • お客様の要望に適したサービスの提案 20,000円/日
    利用される要望・費用感に合わせたサービスの提案と利用方法をご提案いたします。
    お客様自身でサービス選択できるよう、3社程度を目安に、それぞれの会社のメリット・デメリットを整理してご説明いたします。

[サービスの利用開始に向けた支援]

  • 1サービスごとの導入準備支援について 40,000円/日
    サービスの初期設定やマスタデータ登録などの作業を代行します。
    導入するサービスの内容によって利用までに必要な作業時間は変動いたします。
    お客様自身で作業可能な場合は、必要な設定について担当者に説明いたします。

[サービスの定着に向けた支援]

    • 1サービスごとのサービス定着支援について 40,000円/日
      グループウェアなど、汎用的なシステムは定着に向けた継続的な取り組みが欠かせません。
      サービスの特徴に合わせて、定着に向けた支援策を提案・実施いたします。
      例えば社内勉強会の実施や、サービス利用マニュアルの作成などです。
      目標がどこまで達成しているか、モニタリング作業も行います。

費用例

  • 日報管理の仕組みとしてサイボウズ社のKintone(クラウド型情報共有アプリケーション)を導入する場合。
    ※費用にはクラウドサービスの利用費用は含まれません。
初回訪問 1回 0円
サービスの提案 半日 20,000円
導入準備・アプリ作成 1日 40,000円
ユーザー教育・定着支援 1日 40,000円
100,000円
 >>HOME