さらばPC雑務 透明ロボットRPAに全部お任せ


RPAとは

RPAとは(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、定型的な作業を自動化する技術の総称です。たとえば、他部署からの作業依頼を部署内の決められた担当にメールするなど、毎日行っている定型的な業務を自動化できます。自動化することで、定型外の業務に時間を割けることなどがメリットです。

ロボット=機械?

ロボティックとはついていますが、実際にはパソコン上で動くソフトウェアを指しています。イメージ的にはExcelマクロが近いとのことです。Excelマクロは、Excelに一連の操作を覚えさせて、操作を再現させる場合などに使用しますが、RPAを使うことで、Excel以外のPC内にインストールされたアプリや、Webブラウザ上の操作を覚えさせて、再生することができるようになります。
またRPAの1つとして紹介されているのが、チャットボットといわれる、LINEなどのチャットアプリと連携して、自動で最適な回答をメッセージ送信するサービスです。AIと組みわせ手使われるケースが多いようですが、AIの機能が必須というわけではありません。誌面では、AirDO社がチャットで予約問合せに対応するシステムを提供した事例が公開されております。

いつからある技術なの?

RPAに使われている技術は以前から使われていたものです。IT業界ではシステムのテスト作業の自動化などにRPAに似た技術を使っていました。最近RPAが注目を集めているのは、AIなどの最新の技術と組み合わせることで、応用の幅が広がってきたこと、チャットのような新たなユーザーインターフェースと相性が良いことが理由です。

なぜビジネスへのRPA応用が注目されているのか?

少子高齢化に伴う労働力減により、従業員が定型業務に割く時間の割合が増える傾向にあります。業務プロセスを改善して、定型業務以外の業務に充てる時間を増やしたいという企業ニーズに対する解決策の一つとして、RPAが注目されています。
RPAの使い方の一つとして増えてきてのがシステム間連携です。クラウド上で動くアプリケーションが普及するに伴い、複数のシステムを組合わせて利用するケースが、今後ますます増えることが予想されます。RPAはシステム間の連携作業を自動化し、たとえば毎日あるシステムからCSVファイルを出力し、決まった形に加工して別システムに取り込むといった作業を自動化することができます。

中小企業でも使えるものなのか?

誌面では定型業務を自動化するツールがいくつか紹介されております。例えば、誌面で紹介されているRPAテクノロジーズ社のBizROBOなどは、ユーザーのPC操作を記録・再生させることで、作業を自動化するツールです。デモ動画をいくつか見てみましたが、操作がわかりやすく、専門的な知識が無くてもRPAのメリットを体感できるものの一つです。
まずは定型的な業務が多い総務業務などにおいて、ツールに操作を覚えさせてみて、どのようなことができるツールなのかを知ることから始めてみるのがいいでしょう。

つかいこなすのは難しいのでは?

既にPCの操作手順が定型的な文書にまとめられているなど、誰でも同じ作業が出来る状態になっている場合は、RPAを適用しやすいといえます。逆に経験者の判断が必要なポイントが残っている場合などで、RPAを適用することは難しいでしょう。まずは業務内容を整理し、経験者の知見に依存する部分と、決まった作業で終わる部分を整理してから、定型的に人が行っている部分をRPAに任せられないか?という流れにもっていくことが自然といえます。